1. home
  2. ニュース一覧
  3. 『iSenseTV』の使い方

2013.02.05『iSenseTV』の使い方

2013年1月21日より『iSenseTV(アイセンスTV)』-スマートフォンの写真や動画をテレビの大画面で楽しもう-の販売を開始しました。

株式会社アドバンスト・コミュニケーションズ(代表取締役社長:山田 幸広、以下アドコム)は、このたび、今後普及が期待されるクラウドサービス対応向けのセットトップボックス(以下STB)のソリューションとして、超小型スマートTV〈iSenseTV〉(アイセンスTV)の販売を開始いたしました。

iSenseTVは、従来の据え置き型STBではなく、HDMI入力端子を持ち、自宅などのTV端末に接続。スマートフォンとの連携サービスやクラウド型サービスを提供いたします。

なお、当製品は、本年1月下旬より家電量販店、PC専門店、小売店にて順次販売いたします。

(1)スマートフォンの写真・動画・音楽をかんたんにテレビで楽しめる
(2)購入したら専用アプリをダウンロードし自動設定ですぐに再生開始
(3)YouTubeをテレビの大画面で再生(別途インターネット接続のできる環境およびWPS対応のWi-Fiルータが必要です)
(4)iOS端末でお楽しみいただくには、WPS付きWi-Fiルータが必要です
iSenseTV
Google Play
その他
・50(W)×83(D)×15(H)mmという超小型サイズ
・付属のHDMIケーブルでTVのHDMI端子に接続
・無線LANにより容易にネットワーク接続
・スマートフォンをリモコンとして利用
・小型化により低消費電力化、低コスト化が可能
・スマートフォン等の端末とのサービス連携による、VOD配信ビジネス及びサービスの利用拡大に貢献
背景
今後のSTBは、テレビジョン放送のデジタル化、インターネット動画配信、Webサービスの普及に伴い需要拡大が大きく期待されています。
そしてクラウドに接続し、インターネット動画やコンテンツ配信サービスを視聴できる端末の台数は増加する傾向にあります。
このため、ユーザーがより便利、快適にコンテンツを楽しめるよう、放送やビデオのコンテンツデータを場所を限定せずにTVなどに配信できるようになることが求められています。
また今後、タブレットなどのモバイル端末向けのコンテンツ配信が普及すると予想します。これに伴い、マルチスクリーンが浸透し、TVとモバイル端末のさらなる連携がSTBには求められます。

iSenseTVの使い方

iSenseTVプレスリリース2013.01.21PDF

iSenseTV製品カタログ2013.01.21PDF

iSenseTV操作説明書2013.01.21PDF

ただいまヨドバシ.comにて取扱中です。

2013年1月30日現時点でのヨドバシカメラお取り扱い店舗

新宿西口本店、マルチメディア新宿東口、マルチメディアAkiba、 マルチメディア上野、マルチメディア吉祥寺、八王子店、マルチメディア町田、マルチメディア錦糸町、マルチメディア川崎ルフロン、マルチメディア横浜、マルチメディア京急上大岡、千葉店、マルチメディア宇都宮、ルチメディア京都、マルチメディア梅田、マルチメディア博多、マルチメディア仙台、新潟店、ヨドバシ・ドット・コム